2024年3月23日 (土)

最近の山は

Photo_20240323140801 Photo_20240323140802 Photo_20240323140803 Photo_20240323140901 Photo_20240323140902 Photo_20240323140903
最近撮った山の鳥です。
クマタカはいつもの山の手前でした。

2024年3月 1日 (金)

昨日帰ったとのこと

400_20240301170702 400_20240301170703 400_20240301170704 400_20240301170801 400_20240301170802 400_20240301170803 400_20240301170804 400_20240301170901 400_20240301170902 400_20240301171001
昨日でした。北帰の瞬間を見たり撮影したくて、
たくさんの人がいたようです。我々は1週間早く行って
しまったわけです。11月に是非またお越しください。
お待ちしております。
さて、画像はすべてD7200とシグマズーム100-400で
撮ったものです。(入門のすすめです:安く買えるから)
このくらいでいいんだよ。って思う方がいてもいいね。



2024年2月25日 (日)

見送りならず

242 242_20240225225601 242_20240225225701 242_20240225225702 242_20240225225703 242_20240225225801 242_20240225225802 242_20240225225901 242_20240225225902 242_20240225230001 242_20240225230002 242_20240225230003
狙いをつけて行きました。
天候と食事の関係から、後日出発のようです。
カンムリカイツブリ、フナ、ブラックバスをつかんで、
カンムリは落としてしまったものの、魚は完食したようです。
昨日もブラックバスを食べたとのことです。
今日は雨で失敗かな。(参考:びわこオオワシ夢日記 山岡氏のブログ)
明日はチャンスでしょうから、元気にカムチャッカ半島に向けて
旅立ってもらいたいです。そして、また元気な姿を見せてください。
ミサゴも何か掴んだ。イソヒヨドリはきれいな鳥ですね。

2024年2月21日 (水)

今年はこんな感じです

500 500_20240221091501 Photo_20240221091601 Photo_20240221091602 Photo_20240221091701 2423
何回か足を運んで撮らせてもらいました。
幼鳥、母、父、オジロワシ、オオワシです。
オオワシは600m以上の距離で、一回横切っただけでした。
今後は王道の道を散歩程度に歩く予定です。
minigaziさん幸運を祈ります。

2024年2月 5日 (月)

仕事帰りに

Photo_20240205101601 Photo_20240205101701 Photo_20240205101702 Photo_20240205101703 Photo_20240205101801 Photo_20240205101802
先月末仕事の帰りに印旛沼と渡良瀬遊水地によってきました。
トモエガモは恥ずかしながら見た記憶がありませんでした。3万羽いる
そうですね。
次からミサゴ、ちょっかい出してるモズ、襲われてるふりをするツグミ、
チュウヒ、そして飛んでる姿が美しいコウノトリです。

2023年12月31日 (日)

昨日の山

Photo_20231231214801 Photo_20231231214901 Photo_20231231214902 Photo_20231231214903 Photo_20231231214904 Photo_20231231214905 Photo_20231231215001 Photo_20231231215002 Photo_20231231215003 Photo_20231231215101
本年度最終は、やはりいつもの山でした。
今回も遅く出発しました。途中、定点観察されている知人の
話では、かなり遠くに確認できたそうです。イヌさまです。
無風のいい天気なので今回はいよいよボーズを予感しました。
それでも我々にとっては、ここでは初めてのクマタカ若鳥が迎え
てくれ、帰る間際にオジロワシも確認できました。
カラ類は多く、ヒガラとヤマガラを載せますが、コガラ、シジュウ
カラ、キバシリ、コゲラ、エナガなど頻繁に見られます。
写真のベニマシコメスは下のほうです。
また、前回のようにホシガラスがいて、今回は10羽以上の群れ
がいました。なんか変な気候なのでしょうか。
また来年も通うことになりそうです。
よいお年を!

2023年12月28日 (木)

遠かったなあ

231226 231226_20231228002501 231226_20231228002502 231226_20231228002601 231226_20231228002602 231226_20231228002603
26日にいつもの山に行きました。
出るには出ましたが、いやあ遠かった。成鳥、幼鳥とも600m以上の
距離で肉眼ではほぼ点です。
ホシガラスはここでは初めてで、カシラダカはいつもいます。
また行くよ。

2023年12月 9日 (土)

またまた山へ

Photo_20231209225801 Photo_20231209225901 Photo_20231209225902 Photo_20231209225903 Photo_20231209225904 Photo_20231209225905 Photo_20231209230001 Photo_20231209230002
ベースの山にまた行きました。
マヒワとイヌ様です。
到着して上を見ると、もうお出ましでした。
それから画像確認すると、また何がしかお持ちになってる。
枝のように見えるけど、巣の修復にでも使いますかあ。

HAさんお世話になりました。
幼鳥が今年生まれた子のようであるとの情報を頂き、
感謝します。もう一度写真を精査して、今までのものとの比較を
してみたいと思います。ありがとうございました。
昨年度に見た幼鳥は他エリアから来た子であるとすると、3年ごとの
繁殖成功ということになるかな。立派ですね。
子供たちがどこかいい場所に巡り合えることを願っています。
またです。

2023年12月 6日 (水)

琵琶湖山本山のおばちゃん

231129_20231206212501 231129_20231206212601 231129_20231206212602 231129_20231206212603
400ズームの加工画像です。
こちらのほうが良く見えたりします。
軽いのはいいよね。
カラスは好きな鳥ですが、よく見ると遊んでるように
見えます。来れるものなら来てみろ!って。
私たちが去ったらすぐに飛んだみたいです。
残念でした。

2023年12月 4日 (月)

近くの沼

Photo_20231204132701 Photo_20231204132801
11月の最後の週に寄って行かれました。
アメリカヒドリでいいでしょうか。通過地点的なこの沼では、現在、
ハシビロガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、カルガモが
見られます。一昨日はヨシガモが休んで行かれました。もういません。
暇なときはちょっと行って観察を続けますが、もし高病原性なにがしの
気配を感じたら、車両消毒だけでは危ないかも知れないので、中止します。

«この時期恒例の場所へ