« 2020年7月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年10月

2020年10月10日 (土)

新潟の山本山へ

20924 20924_20201010225501 20924_20201010225502 20924_20201010225601
いつかは行きたいと思っていた小千谷市の山本山展望台に行ってまいりました。
白樺峠の4日後でした。標高は高くありませんが渡りのコースになっていて、観察
できるいい場所との話は以前より知っていました。
まれにイヌワシさまも見られると聞いていまして、えっ?ここで?どこからおいでに
なるの?この日は見られませんでした。しかし、同士様の話では、あそこの山でね
ばっていると確立高いとの情報をいただき、近いうちに行きたいと考えています。
さて、解説します。至近距離のトビ、遠いけどチゴハヤブサ、メスでいいかなあハチ
クマ、巡航速度世界一のハリオアマツバメ(正確にはヨーロッパ種での記録?)
上昇気流がいい感じにできていたり、北東方面から見ると、山の下を関越道が通っ
ているので、緑地帯の上を通過できるいい場所なのでしょう。
来年は朝には到着して、じっくりと観察したいと思っております。

近所で渡り

20922 20922_20201010204801 20923 20927 20930 20930_20201010204901
あれだけ飛ぶのだから、近所でも見られるのではないかと、仕事の合間に上空を見上げてみました。
やはり飛びました。数は少ないけれども、ハチクマ、鴨(番外:オナガガモ?)、ツミ、ツミに追われる
オオタカ幼鳥、サシバを追いかけるノスリです。最後は足がきれいなチョウ?名前はまったくです。
さあこの子達はどこから来て、どちらの方面に行くのでしょうか。
まったくの素人感覚で予想すると、ノスリとオオタカは違うかもしれませんが、3種は日光方面から飛んで
きて、関東山地の何処かを越えて甲府、または奥多摩、丹沢経由で伊良子岬へ行くのかなあなんて
考えています。9月22日から30日までの記録でした。

白樺峠見送り2020

20921 20921_20201010201001 20921_20201010201002 20921_20201010201101
今年も見送りに行ってきました。
本年度、最もハチクマが多く通過した日に当たりました。
成鳥オス、幼鳥かメス、サシバ、ホシガラスです。ホシガラスは渡ってゆくわけではあり
ませんね。
9月の連休中でしたから、400名以上のギャラリーだったでしょうか。全国から集まって
いたようです。(人間が)それくらいすばらしい場所だということですね。
地球規模の移動が見られる場所です。ハリオアマツバメは南半球まで行くとのこと。
ハチクマはインドネシアが主体とのこと。感動します。一度は行くべきところです。
ありがとう。

2020年10月 6日 (火)

渡良瀬遊水地20.7

20722_20201006064201 20722
7月のある日、仕事が速く終わったので、渡良瀬によってみました。
東日本で施設以外では初めて繁殖に成功したそうですね。親鳥はギャラリーのすぐ上を
越えて、なにやらエサを探しに行きました。人、車などまったく気にしません。保護の必要
性を感じます。
写真には映って写っていませんが、親2、子2がいるそうです。もうじき巣立ちでしょう。しきりに
練習していました。

« 2020年7月 | トップページ | 2021年1月 »