« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月30日 (木)

やはり来たね

211229 211229_20211230170101 211229_20211230170102 211229_20211230170201 211229_20211230170202 211229_20211230170501
今年最後になるでしょう。山に行きました。
そろそろ来るかなと思い、白羽のワシ様を待ちました。
到着すると既に主様はお出まししており、ハイタカの偵察を受け、待っていましたら、
きたー!です。遠いので写真とすれば無理な距離でしょう。しかし、肉眼でも分かる
大きさなので十分楽しめました。旋回のサービスもあり、一同拍手ものでした。
最後は遠くの尾根に主を確認できて、たのしい一日を過ごすことができました。

ひとつお願いがあります。過去に書いておりますが、これを見て入門される人が出て
きたら嬉しいと思っております。
ただ現地にはいろいろな方(工事関係者様、動物研究者様、登山者様、植林される方など)
がいらっしゃいます。その方々にいきなりの質問などをする方が複数いたらしく、困った
ことがあったらしいのです。
どうぞお会いしても挨拶程度にしていただき、自然を満喫してくださるよう、よろしくお願い
いたします。
また来年です。ありがとうございました。

2021年12月28日 (火)

続き 安いセットの写真

211225_20211228103501 211225_20211228103502 211225_20211228103601 211225_20211228103503
どこを見ているのかなおサルさん。群れでいたね。
シカも何頭かはいました。それとおなかの白っぽいハシブトカラス?が
飛んでいましたが写真では分かりづらいので次の機会があれば狙い
ます。コクマルカラスではないです。
しかし寒かった。

2021年12月27日 (月)

天気不安の中

211225 211225_20211227120601 211225_20211227120701 211225_20211227120702 211225_20211227120703 211225_20211227120801
天気が不安な中、山に行ってきました。いいじゃあありませんか。
風にあおられながら普段のとまり方と違うジヨウビタキのオス、遠いけど
現れてくれた主4枚、ぜんぜん認識できないハギマシコの群れです。
D500が買えないって?次のねらい目なんだけどなあ。
得意な中古も高くてリスク付きだしなあ。これは新品だなと考えてました。
しかし遅しか。部品調達が原因であり解消したら再び製造することを祈り
ます。

2021年12月23日 (木)

間違った

211220_20211223091101 2027_20211223091101 2027_20211223091102 2027_20211223091201
間違えました。 下のオオアカゲラと書いたものはアカゲラで、正解はこちらです。しかも以前のものでごめんです。
今シーズンは見られるかなあ大きいワシ。二年前に撮らせていただいたもので、幼鳥の後ろに成鳥が続きました。
週末は天気悪そうだなあ。

2021年12月22日 (水)

侵入者かな

211220 211220_20211222090701 211220_20211222090702 211220_20211222090703 211220_20211222090704 211220_20211222090801
そろそろ飛んできてくれるかなと思い行ってみました。
冬だけのワシ様二種とヌシ様狙いです。
結果は残念。はじめのトビの位置にお出ましを期待しましたが、遠く高いところを
飛んでいた一羽のみでした。あまりに遠くてほんとにイヌ様?シルエットとしては
きっとそうである。白い羽があるワシ様もこの次の楽しみにしよう。
コガラ、キクイタダキ、オオアカゲラは帰り道でいただきましたが、今回の写真は
すべてヘボですね。ではまた。

2021年12月 4日 (土)

続きです

211129_20211204112601 211129_20211204112602 211129_20211204112701 211129_20211204112702
はじめの2枚は100-400m8万円のライトバズーカとD7100中古のセットで撮ったものです。
これくらいなら十分見られる。どうです?入門しませんか?双眼鏡だけで見ても、さらに肉眼で
見ていても楽しい自然が待ってます。さらにさらに、みなさんのうちで、保護委員や研究者に
なってくれる人がでてくれれば、嬉しいと思っています。
今後は地元に近い山の大型猛禽に会いに行ってきますが、なるべく遠くから観察したいと
考えています。自分には体力がありませんが、間違って尾根を歩くことや至近距離で写真が
撮れそうな場所には行かないとここします。餌場の近くには行かないということです。
最低500m離れてほしいです。もし近いと感じる場所であったら是非ブラインドで!
どこかの県では営巣地から500m以上離れることを条例にしていますね。
餌場でも同じではないでしょうか。最近はマナーを唱える人こそ貴方であると言いたいことも
ありました。自分もそうならないように言い聞かせます。

2021年12月 2日 (木)

確認に行きました

211129 211129_20211202133601 211129_20211202133602 211129_20211202133603
確認に行きましたとは、残念ながら海外の人を含めた観光客が激減している京都です。
東山の坂まわり、錦市場、東福寺、伏見稲荷などに行きましたが、三年前までに比べて
本当に少なかったです。
産業として観光事業のウエイトが高くなっていた昨今、痛いことになっています。
安くて人気の高い食事処は別で超満員でしたが、ほんの一部だったでしょう。
二時間待っての漬物バイキングや駅近くの安いラーメン店(二軒並んでる)も二時間待ち。
旨いものを食べたければ時間は関係ないんだな。

さて、写真はそろそろ来てるかなと思い、琵琶湖・湖北の野鳥観察センターに寄ってみました。
望遠鏡を見させていただきました。いるではありませんか。
ゆっくり館内を見てから近くに行こうと思いましたが、チャンスは今でしょ!
5分で出て近くに移動し下手な写真を撮ってきました。11月19日に来たそうです。20年以上
越冬のためにここに来ているそうで、おばあちゃんと呼ばれているそうです。
かっこいいご婦人ですよね。
続きはまた後日にアップします。

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »